【前編】慢性閉塞性肺疾患(COPD)を予防しよう!~病気の基本と主な症状~

おわりに

前編では、COPDの概要や主な症状などについてご紹介しました。COPDという病名を、今回初めて聞いたという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、死亡者数のデータからもわかるように、実は患者数も非常に多い身近な病気と言えるでしょう。

COPDは、咳や痰、階段や登り坂での呼吸の辛さなど、すぐには病気だと気づかないような症状から始まり、進行していきます。体調や加齢のせいだと決めつけずに、気になる症状が続く場合はかかりつけ医に相談するようにしてください。

中編では、COPDの発症前から進行、発症後の予防についてお話ししていきます。

前へ:COPDの特徴と主な症状