自分らしい暮らしのための活動を応援!「2021年度障がい者団体助成事業」募集開始

「社会福祉法人 ぶどうの木 ロゴス点字図書館」見えない・見えにくい人のための点字教室開催

最後に、「社会福祉法人 ぶどうの木 ロゴス点字図書館」の活動を紹介します。「社会福祉法人 ぶどうの木 ロゴス点字図書館」は、“考える図書館”という理念のもと、視覚障害のある方々へ、点字図書や録音図書の製作・貸し出しをはじめ、点字出版、視覚障がい者の生活相談などをおこなっています。

また、一人でも多くの中途失明者が点字を学び、人生に再び希望を見い出して欲しいとの思いで、2011年から「見えない・見えにくい人のための点字教室」も開催。視覚障がい者なら誰でも無料で受講でき、それぞれのステップに合わせた教材を使用しながら、同じく中途失明者である講師からマンツーマンで指導を受けることができます。

2019年には、日本理学療法士協会の障がい者団体助成事業の助成金を活用して、全24回の点字教室が実施され、3名の方が受講されました。新規受講生は、最終的にはゆっくりではあるものの、触読(点字などを指先でなぞって読むこと)ができるまでになったそうです。

「見えない・見えにくい人のための点字教室」受講生からのコメント

指先に神経を集中させて一字ずつ読むことは思っていたよりも大変で、教室が終わるといつもとても疲れますが、ゆっくりでも少しずつ読めてきてうれしいです。

6つの点を組み合わせてできている点字の特性は、知れば知るほどおもしろく、とても楽しいですね。

もっと読む:【レポート&事業案内】見えない・見えにくい人のための点字教室開催!ロゴス点字図書館

2021年度の障がい者団体助成事業を募集しています

2019年度に日本理学療法士協会により採択された、自分らしい暮らしを支援するための障がい者団体助成事業をいくつかご紹介しました。このようなさまざまな活動が広がることで、多くの方々が住み慣れた地域で自分らしく暮らすことができるようになればと心から願っています。

日本理学療法士協会がおこなっている障がい者団体助成事業をもっと知りたい方や、2021年度の障がい者団体助成事業にご応募を希望される団体は、下記より詳細をご確認ください。受付期間は、2021年3月19日までとなります。

日本理学療法士協会[助成事業]障がい者団体助成事業 募集要項を公開

日本理学療法士協会は、これからも障がい者を支える活動を支援していきます。

前へ:2019年度の2団体の活動について