【第9回】理学療法士のオススメ書籍 「未来を担う子どもたちに薦めたい、大人も一緒に読める2冊」

子どもたちがのびのびと生きていける未来のために

今回は「未来を担う子どもたちに勧めたい本」をテーマにご紹介しました。

1冊目は、人生を生き抜くための「よのなかルール」をかわいらしいイラストで楽しく紹介しており、小さなお子さまに読み聞かせもできる内容でした。2冊目は自身を取り巻く社会、他人、恋愛、仕事などについて、社会学という視点で思春期の子どもにもわかりやすく解説されています。

どちらの本も、子どもたちの日々の生活や将来に役立つルール、考え方などについて書かれています。子どもたちに薦めつつ、大人も目を通すと改めてさまざまな学びがあることでしょう。読んだ後に親子で話し合ったり、感想を述べ合うのもおもしろいかもしれません。

次回もお楽しみに。

引き続き、理学療法士の方からのお薦め書籍の提案をお待ちしています!

下記お問い合わせフォームから書籍タイトルと推薦理由、(ご希望の場合)ペンネームをお送りください。

お問い合わせフォームはこちら

※ご応募いただいた方の中から、掲載が決まった方にご連絡いたします。

前へ:オススメ書籍をチェック