アジア最大級の福祉機器展示会「国際福祉機器展(H.C.R.2019)」に出展して感じたものとは?

写真:出展ブースでのミニ講座

世界から最先端の福祉機器が集まるイベント、「第46回 国際福祉機器展(H.C.R. 2019)」が9月25日(水)から27日(金)までの3日間、東京ビッグサイトでおこなわれました。

いろいろな福祉機器を直接見て、触れて、確かめることができるこのイベントに、公益社団法人 日本理学療法士協会と公益社団法人 東京都理学療法士協会で共同出展をしました。

今回はこのイベントの様子を紹介します。

世界の福祉機器が集まる「第46回 国際福祉機器展(H.C.R.2019)」が開催

10万人が訪れた「H.C.R. 2019」ってどんなイベント?

国際福祉機器展(H.C.R)は、日本初の福祉機器の国際展示会としてスタートし、いまやアジア最大規模に達しています。2019年は、14か国1地域より500社前後の企業・団体が参加し、ハンドメイドの自助具から最先端技術を活用した介護ロボットまで、多くの製品が展示されました。

天候に恵まれた今回の会期中は、10万5,675人もの来場者(主催者発表)が足を運ぶなど、福祉機器や介護分野への関心の高さがうかがえます。

日本理学療法士協会と東京都理学療法士協会は、「腰痛予防と福祉機器の活用術」をテーマにしたミニ講座と出展社プレゼンテーションを行いました。

ミニ講座で福祉機器の活用術と腰痛予防をレクチャー

出展ブースでは、東京都理学療法士協会が中心となって20分単位のミニ講座を行いました。

腰痛予防体操や、歩行補助用具(杖・歩行車)、車いすなどに焦点を当てた4テーマのミニ講座は毎回好評で、それぞれの講座の参加者は約60名を越え、期間中じつに1,000人以上の方にご参加いただきました

当日、運営に協力してくれたスタッフからのメッセージです。

大石 健太さん(日本理学療法士協会会員)

今回初めての参加でしたが、ミニ講座はどの回も盛況で、皆様熱心に聞かれていたのが印象的でした。理学療法士に対する関心の高まりを実感するとともに、この職業の責任感を再認識する大変よい機会となりました。

山口 洋子さん(日本理学療法士協会会員)

ミニ講座や個別相談は毎回盛況で、理学療法士を知っていただく良い機会になったと思います。講座は福祉用具のポイントをわかりやすく伝える参考になり、また他ブースで最新の製品の知識も得られ、有意義な一日でした。

使用者の視点での福祉機器の見方・選び方を紹介

国際福祉機器展(H.C.R)では出展ブースとは別に講演等を行うエリアが設けられています。

こちらでは、9月26日(木)に、日本支援工学理学療法学会運営幹事の栄健一郎さんによるプレゼンテーション、「使用者の立場から見た福祉機器の見方・選び方」を行われました。参加者の皆さんに身体を動かしてもらい、動作によってかかる負担を実感していただくなど、飽きない工夫をした講演に、用意された48席は満席となり、立ち見が出るほどの盛況となりました。

写真:出展社プレゼンテーションの様子

出展社プレゼンテーションで講師を務めた栄さんはこのように話しています。
「今回のプレゼンテーションでは、自立度の異なる3名の方(Aさん、Bさん、Cさん)をモデルに、それぞれ動作の特性や福祉機器の活用ポイント解説をしました。

参加者のみなさんには、使用者ごとの活用シーンを想像しながら、福祉機器の展示を見ていただければと思っています。

当日は満席となり盛況のうちに終えることができました。ご協力いただきました多くの方々に感謝いたします。」

また、プレゼンテーションで紹介した福祉機器が会場内のどこに展示されているかを掲載した小冊子も配られました。プレゼンテーションで興味を抱いた福祉機器に触れられる機会を得られたのではないでしょうか。自立度に応じた活用シーンについてまとめてある冊子ですのでぜひご覧ください。

配布した小冊子「使用者の立場から見た福祉機器の見かた・選び方」

広まっていく福祉への理解

わずか3日間の開催ながらも展示会全体で10万人以上、日本理学療法士協会と東京都理学療法士協会が共同出展したミニ講座では、実に1,000人以上と大変多くの方に興味を持って参加していただきました。

福祉機器の性能も使い方のコツも日々レベルアップしています。製品とノウハウが一堂に会する場に行くことで、介護・福祉が必要なご本人だけでなく、そのご家族や関係者の方の負担を減らせる場合もあると思います。国際福祉機器展(H.C.R)は、来年も同じ会場にて開催されますので、機会があればぜひご来場ください。

第47回 国際福祉機器展(H.C.R.2020)
会期 2020年10月21日(水)〜10月23日(金)
会場 東京ビッグサイト 西・南展示ホール
URL 国際福祉機器展公式サイト(https://www.hcr.or.jp/