【第11回】理学療法士のオススメ書籍 「働きやすい環境を作ろう!当事者の立場を理解し実践するための2冊」

当事者を理解するための第一歩として

今回は「働きやすい環境を作ろう!当事者の立場を理解し実践するための2冊」をテーマにご紹介しました。

1冊目は、職場に起こりがちな「あるある」を職場の問題地図としてまとめ、改善方法を提案しています。2冊目は、他人には理解されにくい高次脳機能障害による苦しみを当事者以外にもわかりやすいよう説明し、対処方法や乗り越え方などを紹介しています。

誰もが働きやすい職場を作るために、ご自身や当事者が置かれている状況を理解し、そして課題や問題に感じていることを解決するのは容易ではないでしょう。そんなとき、同じような境遇に置かれている方の意見や対処法を知ることで、気持ちを軽くすることができたり、解決に向かうヒントが得られるかもしれません。

ご紹介した著書がそのきっかけになりますように。

次回もお楽しみに。

前へ:オススメ書籍をチェック