糖尿病から引き起こしやすい「足のトラブル」を早期発見しよう

「リガクラボ」では、糖尿病を予防するために日頃からできることを連載でご紹介しています。前回は、日常生活に取り入れやすい糖尿病予防のためのちょっとした工夫をお伝えしました。

連載第3回目の今回は、糖尿病の方に起こりやすい足のトラブルについて、予防と早期発見のために気をつけたいことをご紹介します。

第1回:糖尿病ってどんな症状が出るの? 第2回:ちょっとした工夫が糖尿病の合併症予防につながる!?

実は怖い…糖尿病の方の「足のトラブル」

あまり知られていませんが、実は糖尿病の方は足のトラブルが起こりやすくなります。主なものとして、以下のような原因があります。

  • 糖尿病神経障害
  • 足の動脈硬化
  • 免疫力の低下
  • 足部にかかる負担の増大

足のトラブルは、潰瘍や壊疽に移行するなど重症化し、放置をすると足の切断が必要になる可能性も決して少なくありません。世界では、糖尿病が原因で30秒に1本のペースで足(指)が切断されているともいわれています。

そうならないために、足病変は予防と早期発見が重要なのです。

早期発見のために…まずは足をよく観察しよう

糖尿病と診断されてから長期間が経過している場合や、立ち仕事などが多い場合は、医師、看護師、理学療法士などの医療者に、定期的な評価を受ける必要があります。

まずはご自身の足を毎日よく観察して、いつもと少しでも変だと思うところがある時は、迷わず医療機関を受診しましょう。

例えば、

  • 足のうらがゴツゴツしてきた
  • 赤くはれてきた

など、小さな変化も見逃さないようにしてください。

また、自分で観察ができない場合は、家族の方など必ず誰かに見てもらうことが大切です。

日常の予防…足を守るケアを心がけよう

足のトラブルは、普段の立っている姿勢や歩き方とも深い関わりがあります。日常生活では、足に負担がかからないようにして過ごしましょう。特に足のうらにかかる高い圧力は、潰瘍の原因にもなりますので注意が必要です。

看護師によるフットケアを定期的に受けたり、足うらを守るための柔らかい素材を使用したインソールを利用するのもおすすめです。

また、理学療法士は、からだの運動機能などから足のトラブルの原因を評価します。そのうえで一人ひとりに合った、足病変の予防や治療のための運動療法および物理療法の実施、さらには適切な靴やインソールの提案、生活の工夫についてアドバイスを行っています。

毎日の観察で自分の足を守ろう!

糖尿病から引き起こされる足のトラブルは、日頃からのケアを通して重症化させないことが大切です。まずは毎日足を観察するセルフケアを取り入れ、医療機関も受診して専門家のアドバイスなども有効に活用してみましょう。