【レポート&事業案内】個性豊かな障がい者アートをもっと広めたい!障がい者アート協会

写真:障がい者アート協会が制作したノベルティサンプル

カラフルな動物や昆虫たちのイラストが描かれたトートバック、可愛らしいうさぎの絵が入ったタオル…これらはすべて障がいのある方が描いたアート作品です。

公益社団法人 日本理学療法士協会では、「2019年度障がい者団体助成事業」を実施しており、「障がい者アート協会」の活動が採択されました。

今回は、全国の企業に障がい者アートの活用を広める活動をおこなっている一般社団法人 障がい者アート協会のレポートと、今年度の募集についてご案内します。

障がい者が創作活動で経済的対価を得られるように〜障がい者アート協会が目指すもの

「絵を描くのは好きだけど、どうやって発信すればよいのかわからない」、「発信はできても、金銭的な対価を得られていない」、そのような思いを抱いている障がい者の方々のために、もっと自由に、自然に発信できる場所を作り、創作活動を通じて経済的対価を得られる仕組みを作ることを目標にしているのが、障がい者アート協会です。

代表を務める熊本豊敏さんのお子さんは知的障害、自閉症と診断されましたが、幼い頃から自分で絵を描くようになり、やがて本格的な創作活動をするようになります。

その作品からお子さん自身が収入を得たこと、そして絵を描くことを通じて世界の人々と触れ合う機会が持てたことをきっかけに、熊本さんはより多くの障がい者アーティストたちの創作活動を支援するため障がい者アート協会を誕生させました。

一般社団法人 障がい者アート協会

障がい者アート協会では、障がい者のアート活動が経済的対価を伴う具体的な仕組みとして、インターネット上にオンラインギャラリー「アートの輪」を運営しています。このウェブサイトを通じて、障がい者アート協会はアーティストに創作活動応援費(報酬)を支払う一方、著作権や契約の管理などもおこなっています。

障がい者のアート作品をノベルティサンプルとして企業へ配布

障がい者アート協会では、「2019年度障がい者団体助成事業」での支援金を基に、全国の企業向けに、障がい者のアート作品が載ったノベルティサンプルなどを作成しました。障がい者アート協会の活動内容を広く知ってもらい、障がい者アートを積極的に活用してもらうため、どのようなノベルティッグッズを作ることができるのか、実際に手にとって目で見てわかるかたちで伝えたい、という思いからでした。

お寺や神社などの寺社業界、老人ホーム、さらに建築や土木・リフォーム業界、行政機関にもサンプルを配布した今回の試みでは、今夏に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けた盛り上がりや、国が先導するSDGs(注釈:Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略。国連加盟国が2030年までに達成すると掲げた17の目標のこと)への関心もあり、多くの反響がありました。

ここからは、ノベルティサンプルを実際にご利用いただいた企業からのメッセージを紹介します。

ノベルティサンプル導入企業からのメッセージ

株式会社エータイ「お客様と後々まで繋がるコミュニケーションのきっかけに」

私たち株式会社エータイは、人が集まる「こころの拠り所の場」として、お寺様を活用していただけるように取り組んでいます。

障がい者アートのグッズをきっかけに、お寺にお越しいただける機会やご縁を増やすことを目指し、ポストカードの採用を決めました。選ぶのが大変なほど多くの素晴らしい作品を障がい者アート協会様が管理していたので、希望にあった作品を迅速に選ぶことができました。

ポストカードなので、私たちのお客様へ渡しやすく、作品の魅力も大きく伝えることができ、とても喜んでいただけました。また、お客様へお渡しする際に、スタッフも気持ちよく対応ができるようで、後々に繋がるコミュニケーションのきっかけにもなりました。

今後は特別支援学校やグループホームに絵画を寄贈するなど、障がいをお持ちの方やご家族の方へも見ていただけるような活動をおこないたいと思っております。

株式会社 時代工房「アート作品はみんなを笑顔にします」

私たちは長年、障がい者支援が何かできないかと思っていました。障がい者アート協会がノベルティサンプルを作成すると聞き、キーホルダーとポーチを採用しました。障がい者の皆様の応援ができると思ったのが、今回ノベルティを使用することに決めた理由です。

障がい者のアート作品は、みんなを笑顔にすることができます。お客様からも、可愛いと好評いただいております。

こうした活動は、今後も長く続けていくことが大事だと思っています。微力ながら、障がい者の皆さんの作品を、より多くの方に知っていただけるように活動していきます。

2020年度の障がい者団体助成事業を募集しています

障がい者アート協会のように、障がい者の方が活躍できる場所を作るために様々な活動に励んでいる団体は多く存在しているでしょう。

日本理学療法士協会では、「協会の理念」に基づいて、すべての方の健康と幸福に寄与するため、「障がい者団体助成」の対象となる事業を公募し、住み慣れた地域で自分らしく暮らすための活動を応援しています。

2020年度の助成事業は3月19日まで受け付けていますので、詳細を下記のリンク先から確認してみて下さい。

日本理学療法士協会[助成事業]障がい者団体助成事業 募集要項を公開