【第4回】東日本大震災から10年〜理学療法士として今伝えたいこと:支援活動を振り返って No.4 吉岡政子さん

おわりに

東日本大震災時に理学療法士として支援活動に参加し、現在は地元・広島で地域JRAT役員として支援活動を継続されている吉岡政子さんをご紹介しました。

「微力ではあるが、無力ではない」という言葉を胸に、その後も熊本地震や西日本豪雨の被災地に赴く吉岡さんの強い気持ちを感じることができました。

No.3の記事では、震災を機にご自身のスキルアップを図り、現在も支援活動をされている安倍恭子さんを紹介しています。まだお読みになっていない方はぜひご覧ください。特集最後となる次回更新では、日本理学療法士協会が2021年1月におこなった、東日本大震災の支援活動に関するアンケート結果をご紹介します。

安倍恭子さんの記事はこちら
前へ:吉岡政子さんインタビュー