【第5回】理学療法士のオススメ書籍 「病や死に直面した人と“向き合う”ことを考える2冊」

病や死に直面した人と“向き合う”ことを考えるために

今回は「病や死に直面した人と“向き合う”ことを考える」をテーマに2冊ご紹介しました。

1冊目では実際の現場の医師が、自身の経験をもとにした実践的な患者との向き合い方を、2冊目ではブラック・ジャックが医師として葛藤している心情などが描かれています。

どちらの本も、病や死に直面する人とどのように向き合えばいいのか、考えさせられる本となっています。病や死と直面した人にどう寄り添えばいいのか、どんな言葉をかけたらいいのか、自分にできることは何なのか……、とても難しいテーマですが、今回取り上げた本が自分なりの答えを導き出すヒントになると良いと思います。

次回もお楽しみに。

前へ:オススメ書籍をチェック