【第3回】理学療法士のオススメ書籍 「病に倒れた著者が、闘病から得た『発見・気づき』を綴った2冊」

病に向きあう方々への理解を深めるきっかけに

今回は「病に倒れた著者が、闘病から得た『発見・気づき』」をテーマにご紹介しました。

いずれの書籍の著者も、当事者にしかわからない患者の姿、感情をありのまま私たちに伝えてくれています。著者本人が闘病を通じて患者の目線で得た気づきと患者の葛藤や感情を、これらの書籍から感じることができたなら、病に向き合う方々への理解をより深める契機となるのではないでしょうか。

次回もお楽しみに。

前へ:オススメ書籍をチェック